夏 夏 夏 常夏です 今日までよく頑張りました 臨月妊婦 予定日まであと2日

妊娠・出産

真夏で 臨月な今は
ちょっとでも活動したら
倒れてしまいそう

  • 今まで本当に頑張った私
  • お散歩
  • お弁当
  • 39週の健診
  • 静かに待つことにしましょう
  • 半年間の自分を認めてあげよう

今まで本当に頑張った私

つい1ヶ月前まで 3.75km
つい数日前までまで 3km
毎日 毎日 散歩した

旦那が仕事の日は
お弁当作りを 欠かさなかった

何より一番辛かったのは

コロナから赤ちゃんを守るために
仕事を辞めた事

別に前職が素晴らしく良い職場
ってわけでもないんだけど

一度辛い思いをした場所に比べたら
まずまず頑張れる場所だったし

産休育休取るために1年半
頑張っていたし

なんなら妊娠初期の
一番辛い時期をフルで頑張っていたのに

それを全部 投げ出さなきゃいけない事が
悲しくて つらくて

努力も やりがいも
そんなことより もう
お腹には 新しい命が宿っていたから

私の優先すべき事が
強制的に 変わってしまった

私は お母さんだから
この子を守れるのは 私だけだから

この子に何かあったら
絶対 私は 自分を許せないと思って

心が納得する前に
理屈だけで 退職した

泣きながらだった

夜勤入りで退職を受理してもらい
明けの日が最終日だった

土日だったから
挨拶できたスタッフもわずかだった

科長に
「安心して妊娠生活送れます。
無理を聞いてくださって
ありがとうございます。」
って言った

嘘はなかった

でも 雨の中 泣きながら帰った

1月の末 まだまだ寒い日で
靴の中に雨水が入ってきて
冷たかった

月日が経って
心は 受け入れたというか
家に引きこもる生活に慣れて
少し 落ち着いただけ

完全に納得はしていない

納得していたら
自分を責める事はなかったはず

コロナから赤ちゃんを守るために
仕事を辞めたはずなのに

「自分は家にいるだけで 能無し

朝起きて お弁当作って 散歩するだけ
それだけに何の価値があるの?

旦那の稼いだお金を食って生きているだけ

何のために生きているの?

今日という1日を どんな1日にするつもりなの?

中身のない毎日を過ごして

生きている意味があるの?

どうして生きているの?

誰かの何かのために

その健康な体と時間を使わないの?」

自分に生きる価値を見出せず
心がぐちゃぐちゃになって
自分を責めた日もあった (ほぼ毎日)

今書いていても泣きそう

全然文章まとまらない

その気持ちを 慰めるように
全然 気持ちの安定には
程遠いけれど

旦那のお弁当を作ることと
散歩をすることは

せめてもの 償い

せめてこれだけは やらせてって

きっとしがみついていた

書いていて 今 気づいた

旦那の為とか 家計の為とか
安産の為 産後の体力とか体型維持とか

そういう目的は 二の次だった

何の価値のない自分を慰めるために
せめてこれだけはという償いのために
続けていたんだ

お弁当だって 旦那の職場に
安い食堂あるし

散歩だって いくらでも距離縮められたし
天気が悪い日は お休みだってできる

いくら健康妊婦でも 毎日
調子が良い訳でなく
しんどい日もあった

息切れや動悸をして ため息をついたり
浮腫んで重たくだるい身体を
ベッドから引きずり出したり

休む理由はいくらでもあった
(というか妊婦なんだから
休まなきゃいけなかったんだろうけど)

ただの 意地だった

旦那に「無理しなくていいんだよ」って
何度も言われたけど

「これだけはやらせて」って
言葉が自然と出てきた

これだけはって何だよって
心の中で思っていたけど
その言葉通りでした



お散歩

いつも同じ道を歩いた

雨の日も 少し止んだ合間を見ては
急いで 歩いて

お腹の調子が悪くて半泣きになったり

暖かくなったら道に咲いてるお花が
たくさん咲き始めてお花に興味が湧いたり

警備員さんに挨拶してたら
声かけてくれてお喋りしたり

お腹張っても歩き続けたり

膀胱蹴られて 恥骨や股関節
痛くなって 立ち止まったり

日焼け対策に
帽子買ったり
カーディガン買ったり
歩く時間変えたり

お年寄りに抜かされたり

すれ違う人にお腹をチラ見されたり

歩いた事によって

体重も+8〜9kgで落ち着きそうだし
糖尿病や血圧も問題なし
お腹の張りも良い感じと言われた
体型もお腹以外妊娠前とほぼ変わらず

歩いた事が これらの結果を
もたらしてくれたのかな

きっとそう 半年間
頑張って良かった


お弁当

元々料理は好きだったし
朝の早起きだって 得意だった

半年間 体調より
お弁当優先させた事は
これからも続くお弁当生活に
生きてくるといいな

目指すは時間短縮かな

簡単で 彩りよくて
美味しくて 飽きない
お弁当目指す

毎日完食してくれること
当たり前に思っていたけれど

いつも 文句言わず食べてくれて
ありがとう

息切れ 動悸 浮腫によるだるさは
休憩用の椅子に 頼りながら

あと お腹重すぎて
炒めたり 水仕事中
どこかに 捕まりながら作った

よく頑張りました


39週の健診

昨日 39週と4日の 健診日でした

お腹の張りも調子良い
その張りが強くなって
腰とか全体的に痛みが広まってきたら
お産のはじまりなんだって

あと これだけしっかり
張りがあれば おしるしあるかも!

赤ちゃんも よーく動きすぎて
正確ではないかもしれないけど
3017g 羊水量問題なし

動きすぎて 骨盤に頭入ってるし
お顔のお写真は 今回はなし

ラストエコーだったかもしれないから
楽しみにしてたけど 残念

エコー中 すーごく良く動いて
看護師さんの事困らせてた

静かに待つことにしよう

夜も眠れない日が 続いてる

夜中に2〜3回起きる事がほとんどで
睡眠の質も 日に日に 悪くなってきている

今日は 夢の中でも
お産のこと考えていて
夜中に起きても お腹の張り
気にして

寝てるのか起きてるのか
分からなかった

旦那が育休に入って
いよいよ感が 隠せなくなってきた

健診でも 問題なし 順調って言われて
外は真夏日が続いている

そして 毎日寝不足
お腹もよく張るし 痛いところばかりだし
歩くのも不安定

もう いいか

お弁当作りも 昨日で最後

気合を入れて作りたかったけれど
体力限界で 残り物がほとんどに

それでも キッチンに立った事を
自分を 褒めたいと思う

歩くのも 朝早く起きて
または 夜になってから
も やめやめ

寝る事が優先
なんなら 夜の方が
お腹張るし 足元危ないし

無理するの やめやめ

もう 自然な流れに
身も心も任せることにしましょう

今まで頑張ってきたから
無理に運動することも
いっかなって思う

掃除洗濯料理等
日常生活動作は必要最低限やるよ

でも旦那にいつでも頼れるっていう
安心感があるから


半年間の自分を 認めてあげよう

自分に価値を感じる事ができなかった半年間

今 その半年がなかったら
身体と心をお産に集中させることも
できなくて

毎日 暑い中 運動して
無理していたかもしれない

辛い体にムチ打って 働いていたら
私も赤ちゃんも ただただ
ストレスだったかもしれない

一番は コロナになっていたかもしれない

そして自分を責め
自分と赤ちゃんの命の心配をし
生まれた後のことも
不安に思う日々だっかとしれない

ただ家に居ただけかもしれない

けど お腹には 赤ちゃんがいて
自分の頑張ってきたことを
無理くり 手放して
守ることを選んだこと

誇りに思おう

あの時 赤ちゃんを優先させた決断は
私をひとつ お母さんにさせてくれたかな?って
思ったけれど

ひとつくらいじゃない

ただの20代のネーチャンから
我が子を守る 母親に
変わった時だと思う

そう信じる

もう少し 本当に あと少しで
なによりも守ってきた
かわいい我が子と ご対面です

楽しみ 緊張 不安

いろんな感情が溢れて
いつでも泣き出せそう

お腹がほぼ24時間張って
岩のように重たいけれど
すごーく愛おしい

どんな産声かな
お顔は どっち似かな
男の子かな 女の子かな
どんな性格の子かな

どんなお産になるかな
辛くて辛くて 泣き喚くか
イライラするか 叫ぶのか

いつ どこで どんなタイミングで
スタートするのか

楽しみ・・・

ドキドキ・・・

私をお母さんにしてくれて
ありがとう

十月十日 楽しかった
毎日愛おしかった

私もパパも 周りのみんなも
会えること楽しみにしているし
たーくさん可愛がる自信あるよ

楽しみに 出ておいで

コメント

タイトルとURLをコピーしました